臭いが残らないトイレ掃除のコツ

トイレで一番気になるのは臭い匂い。
自分や家族はもちろん、お客さんが来られたときには最悪ですね…
臭いはポイントをしっかり押さえていれば防ぐ事ができます!
まずはトイレの臭いを知るところから。
トイレの臭いの原因は残っている尿やこびりついている尿石の有機物が腐って分解するときにでてくるガス。
尿石の主成分はカルシウム。なので簡単には落とせません。
尿石を除去するために私達プロが使う洗剤は酸性の洗剤です。
カルシウムはアルカリ性のため中性洗剤やアルカリ性の洗剤では落とすことができません。
しかし、
酸性の洗剤は効果がある分取り扱いには注意が必要です。
塩素系洗剤と一緒に使うと有毒な塩素ガスを発生させ、
ときには命を落とすことも…
特にトイレの様な狭い場所ではガスの濃度が高くなり危険も大きくなります。
この反応はクエン酸でも起こるので「クエン酸をら使っているから大丈夫!」
という訳ではありません。
皮膚についても肌荒れの原因となるので必ず手袋を着けて換気扇を回しドアを開けて掃除をしてください。
便器の他にも我々プロからいうと便器の内側や便座の裏、
床などに飛び散っている汚れなども臭い原因に。
特に子供さんがいる家庭では考えもしないところが汚れているときも…
ですから臭い対策に普段の心掛けが大切です!
トイレを使わないときはドアを開けておくのも効果があります。
これは湿気が多いと臭いもキツくなるため。
全開とまではいいませんが少し開けておいたり、
換気扇をつけておくのも効果的です!

主婦が嫌がる飛尿掃除

男性が立ってオシッコをすると、平均1日で約2000滴ほどオシッコをトイレの周りに撒き散らしているようです。
便器の周り、壁、床…そして自分にも。
汚いですし、気持ち悪いですよね。この「尿はね」
本当に厄介で、ココまで飛んでないだろう。。。
と思うような場所にも飛んでいてこの「尿はね」の積み重ねが「トイレのにおい」に繋がっているのです。

この「尿はね」の掃除が主婦は本当にイヤなようで、
トイレ掃除が原因で離婚問題に発展したご夫婦もおられるそうですよ…。
奥様と離婚したくない世のお父さんは直ぐに「座りション」に変えられるコトをオススメします!笑。

この「尿はね」ですが、普段トイレ掃除をされている方は分かると思いますが、
実はかなりの悪臭なんですよね。
「トイレのにおい」の原因はほぼ全てココにあると言っても良いほどの悪臭。
狭いトイレの掃除ですから、
床に膝をついて隅々まで掃除する時に臭ってくる悪臭…想像しただけでも気分が悪くなりますね。
そんな悪臭の原因を取り除くのにクエン酸や酢水などが有効なのですが、
普段使用しているトイレ用洗剤などでキレイに出来ないとなると、
ちょっと掃除する主婦の方もしんどいですよね。
かと言って悪臭の原因をほったらかしにしておくことは出来ないですし。。。
芳香剤なんて一時の臭い消しにしかならないので原因を取り除く事は出来ない。
そんな時頼りになるのがプロです。
どうしても…と言う場合は、
トイレの隅々までキレイに掃除してくれるプロにお任せするのも有効です。

トイレのにおい消し

「トイレのにおい」って、やっぱり気になりますよね?
自分が用を足した後や、自宅に友人が遊びに来た時など。。。
用を足した後、瞬時に臭いを消す消臭スプレーなどもありますが、そうでなく、自分の家のトイレが何もしてないのに臭う。。。なんて経験はないでしょうか?
そんな場合の「トイレのにおい」の犯人を見つけ出し退治する方法をご紹介したいと思います。
まずは、こまめなトイレ掃除。
毎日誰かが必ず使用する場所ですから、やはりこまめな掃除が大事。2~3日手を抜くだけで、便座の隠れた場所や便器の隅の汚れや臭いの原因はウヨウヨと繁殖して行きます。
1日たった数分で終わる作業ですから、例えば曜日ごとに家族で担当を決めて便座や便器の拭き掃除をするだけでも全然違ってきますよ。お試しあれ。

次に、トイレを可愛くオシャレにしようと思い使っている方も多いと思いますが、便座カバーやトイレマットの使用を止めることをオススメします。
なぜなら、この2つを必ず毎日洗濯する人は非常に少ないと思います。
コレこそが、見落としがちの臭いの原因になのです。男性のオシッコのしぶき、ウォシュレットのしぶきなど色んなものがこの2つに知らず知らずのうちに飛散し染み付いて行くのです。
一度こびり付いた汚れや臭いはそう簡単には取れません。綺麗にしているつもりでも、100%綺麗な状態には戻らないのです。
この2つの点を注意して頂くだけでトイレのにおいは改善されると思いますが、
それ以上ガンコな汚れやにおいがある場合は、プロにお任せすれば一件落着となるでしょう。

掃除がしやすい最近の便器とは?

トイレは毎日必ず使うもの。
そして、たくさん汚れがついてしまう場所!!
少し手を抜いただけですぐに汚れてしまい、
あっという間に黄ばみや黒ずみがいっぱい!!なんて経験はあるはずです。
しかし、トイレの掃除はやりにくい所がいっぱい!!
狭い場所で汚れが落ちにくい、
掃除しても臭いが気になったり隙間の汚れが取れないなど…そんな悩みを簡単に解決してくれる便器が登場!!
私達、掃除のプロから見てこれはすごい!!と思う機能や商品を紹介したいと思います。
まず、一番気になる所の便器のフチ裏。
ここはゴシゴシ擦っても黒ずみや水アカはなかなか落ちないところ。
少し前の便器のデザインの溝はだいたい6㎝ぐらい。
この長さが拭き取りにくくて汚れがつきやすい理由です。
それに対して最近の便器はこの溝は1㎝ぐらいのフチに折り返しがないデザインの便器。
凸凹がないフラットになっているために汚れがつきにくくて、
力を入れる事なくサッと汚れを一拭きできとても簡単に綺麗にできるのです。
最新の便器では、
全周フチなしのデザインの物や便器手前のフチを薄くする事により返しがなく
便器をつまむようにして拭き掃除ができる物もあります。
それだけではなく、使用後には2種類の洗浄液の泡で自動洗浄してくれる便器や
渦巻き型の水流でパワフルでまんべんなく回る事により隅々まで綺麗にしてくれたり、
輪ジミ対策として便器の水位を調整して楽に掃除ができる物もあります。
これらの機能があればトイレ掃除が簡単に綺麗にする事が出来るのです。

サボったリングが出ない掃除方法

皆さんはトイレの「サボったリング」を作った事はありませんか?
よく、CMで見かけますね!
このサボったリングは一度できてしまうとなかなか落ちないもの。
力いっぱい擦っても落ちません。
黒ずみや黄ばみがあるときには「塩素系」。
尿石のように硬くなってしまっているものには「酸性タイプ」の洗剤をトイレットペーパーに浸しそれを便器に貼り少しの間放置してこする。
これでも綺麗に落ちない事も…最悪の場合サンドペーパーで擦らなければなりません。
この作業を繰り返してやっと綺麗な便器に!とても疲れます。
では、この「サボったリング」を出さないようにするにはどうしたらいいのか?
私達、プロがオススメしたいのは「トイレタンクの中」の掃除です!!
拭き取りだけの掃除なら簡単で毎日できますね。
それだけで終わってませんか?
トイレタンクは定期的に掃除をしてほしい場所です。
何故ならトイレタンクの中には常に「水」があるため黒ずみや黄ばみが溜まりやすくなっているからです。
でも、どうやって掃除すればいいの?って思いますよね。
簡単に説明すると、まずはタンクに入る水を止めて蓋を取り、裏についている汚れを洗剤で落とす。
そして、タンクの水を抜き中性洗剤でタンク内をブラシでこすり、
洗い終わったら止水栓を開けてすすぎ、元に戻して終了。
トイレタンクはそう簡単に汚れるものではないので一年に一回、定期的に掃除してみてください。
少し大変かもしれませんが、サボったリングを掃除するより楽にできるとおもいますよ。
一度お試しを。
サボったリング 掃除方法

主婦の悩み...トイレの臭い

男性が立ってオシッコをすると、平均1日で約2000滴ほどオシッコをトイレの周りに撒き散らしているようです。
便器の周り、壁、床…そして自分にも。
汚いですし、気持ち悪いですよね。この「尿はね」
本当に厄介で、ココまで飛んでないだろう。。。
と思うような場所にも飛んでいてこの「尿はね」の積み重ねが
「トイレのにおい」に繋がっているのです。

この「尿はね」の掃除が主婦は本当にイヤなようで、
トイレ掃除が原因で離婚問題に発展したご夫婦もおられるそうですよ…。
奥様と離婚したくない世のお父さんは直ぐに「座りション」に変えられるコトをオススメします!笑。

この「尿はね」ですが、普段トイレ掃除をされている方は分かると思いますが、
実はかなりの悪臭なんですよね。
「トイレのにおい」の原因はほぼ全てココにあると言っても良いほどの悪臭。
狭いトイレの掃除ですから、
床に膝をついて隅々まで掃除する時に臭ってくる悪臭…想像しただけでも気分が悪くなりますね。
そんなトイレの悪臭の原因を取り除くのにクエン酸や酢水などが有効なのですが、
普段使用しているトイレ用洗剤などでキレイに出来ないとなると、
ちょっと掃除する主婦の方もしんどいですよね。
かと言って悪臭の原因をほったらかしにしておくことは出来ないですし。。。
芳香剤なんて一時の臭い消しにしかならないので原因を取り除く事は出来ない。
そんな時頼りになるのがプロです。
どうしても…と言う場合は、
職場のトイレ掃除も隅々までキレイに掃除してくれるプロにお任せするのも有効です。

トイレの臭い

「トイレの臭い」って、
やっぱり気になりますよね?
自分が用を足した後や、自宅に友人が遊びに来た時など。。。
用を足した後、瞬時に臭いを消す消臭スプレーなどもありますが、
そうでなく、自分の家のトイレが何もしてないのに臭う。。。なんて経験はないでしょうか?
そんな場合の「トイレの臭い」の犯人を見つけ出し退治する方法をご紹介したいと思います。
まずは、こまめなトイレ掃除。
毎日誰かが必ず使用する場所ですから、
やはりこまめな掃除が大事。2~3日手を抜くだけで、
便座の隠れた場所や便器の隅の汚れや臭いの原因はウヨウヨと繁殖して行きます。
1日たった数分で終わる作業ですから、
例えば曜日ごとに家族で担当を決めて便座や便器の拭き掃除をするだけでも全然違ってきますよ。お試しください。

次に、
トイレを可愛くオシャレにしようと思い使っている方も多いと思いますが、
便座カバーやトイレマットの使用を止めることをオススメします。
なぜなら、この2つを必ず毎日洗濯する人は非常に少ないと思います。
コレこそが、見落としがちの臭いの原因になのです。
1:男性のオシッコのしぶき
2:ウォシュレットのしぶき
など色んなものがこの2つに知らず知らずのうちに飛散し染み付いて行くのです。
一度こびり付いた汚れや臭いはそう簡単には取れません。
綺麗にしているつもりでも、100%綺麗な状態には戻らないのです。
この2つの点を注意して頂くだけでトイレの臭いは改善されると思いますが、
それ以上ガンコな汚れやにおいがある場合は、
プロにお任せすれば一件落着となるでしょう。

トイレの黒ずみの取り方

サボってしまって後悔するトイレ掃除・・・
黒ずみ、黄ばみがしっかりこびりついてしまって
どうしようもなかなか取れないなんて経験はありませんか?

今回はそんな時の黒ずみの取り方についてです。
重曹などを使用したシップ洗浄は時間がかかるため、
1番手っ取り早くすぐ汚れが落ちるのは耐水ペーパーになります。

しかし反面、
陶器を少し傷付けるため、
ミクロの部分で凹凸が出来、逆に汚れやすくなります。
耐水ペーパーなどで研磨洗浄した後は必ずコーティング処理をしてあげましょう。

耐水ペーパーは800番か1000番でこすり落とすと一発できれいになります。

耐水ペーパーは1000番から使用して、

それでも落ちなければ少し粗目の800番で

番手を少しづつ落としていくと便器に傷がつきにくいです。

耐水ペーパーはホームセンターで売ってますので便利です!!

ーーーーーー参考ーーーーーー
耐水ペーパー
800 コーナン

http://www.kohnan-eshop.com/shop/g/g4989999219869/

耐水ペーパー1000 アマゾン

http://www.amazon.co.jp/gp/aw/s/?ie=Shift_JIS&k=%91%CF%90%85%83%79%81%5B%83%70%81%5B+%82%50%82%4F%82%4F%82%4F&i=aps&linkCode=plm&tag=yahjphydrstd-22&hvadid=56299120010&hvdev=m&ref=pd_sl_315ic6xbnr_b&force-full-site=1

ーーーーーーーーーーーーーー
ではトプロで行うトイレの黒ずみ取りの施工は2つあります。
黒ずみを耐水ペーパーなどで除去したあとはトイレの掃除の専門業者、トプロの黒ずみがつきにくい2つのコーティング施工がオススメです。
1つ目は
スーパーコート
研磨作業をした後に超撥水処理を行います。
トプロガード(サブコート)と併用することで
半年コート効果を持続。
汚れにくいトイレ快適環境を作ります。
2つ目は
サブコート
スーパーコート程ではないですが、
日常的に週2.3回普通にトイレクリーナーとして使用して頂くだけで綺麗になると同時に超撥水でトイレを汚れにくくします。

なんでもそうですが、継続して維持することが大切です。
毎日使う便器だからこそ綺麗を保って上げる優しさも大事です。
綺麗を保ってあげることで、長持ちし毎日気持よく利用できる状態にしていきましょう。

ウォシュレット、便座を外して掃除する理由

トイレの掃除はマメにしているほうだと思うのに、なぜか臭いが取れない気がする。
サボってないのに臭いトイレってイヤですよね。
最近は洋式便器が当たり前、それもウォシュレット付きが多いと思います。
実はこのウォシュレットが臭いの原因であることも多いんです。
臭いの原因は元から断ち切らないといけないので、
ここではその方法を少しお教えしたいと思います。
と、その前にトイレ掃除の基本ですが、
床、壁に関して掃除できているでしょうか?
目視レベルで汚れが確認できない場合でも、
飛散した尿が時間の経過とともにアンモニア臭を放つようになります。
トイレ用除菌洗剤で、一面くまなく拭き掃除をし、湿った雑巾で同じ箇所を拭きます。
最後に乾いた雑巾で乾拭きをすればOKです。
さて、いよいよウォシュレットですが、取扱説明書をよく見て便座から取り外してみると、
裏側がビックリするほど汚れていたりします。
大抵の場合は、黄色い汚れの塊のようなものが確認できますが、
これは尿石といって、
尿汚れが蓄積してできたもので、これもトイレの臭いの原因になります。
掃除の方法としては、まず使い古した歯ブラシか、
100均でトイレ用やくつ掃除用のブラシを用意します。
洗剤を付けて擦ってみて、汚れが落ちるようなら全て取り除きます。
もしこれで落ちないようなら、
キッチンペーパーに洗剤を染み込ませて、
汚れた部分に貼り付けたら15分~30分程待ちます。
この後ブラシで擦ってみてもまだ落ちないようなら、
専門の業者さんに相談してみるといいと思います。

トプロはトイレ掃除のプロフェッショナルです。

トイレの黄ばみはトイレ掃除のトプロへ

清潔にしておかないといけないとわかっていても、ついつい自分で掃除するのは敬遠してしまうのがトイレ。
お風呂と違って、どうしても「汚い」というイメージが拭えないからなんでしょうか。
トイレ用のモップを使ったり、専用の除菌クリーナーを使ったり、「それなりに」
トイレの掃除はやってるつもりの方が多いのでは?と思いますが、はたしてそれで十分なんでしょうか?
掃除しているのにも関わらず、それが十分ではないのは、トイレのあの独特の形状に原因があるんです。
思い出して見てください。モップの届く範囲でしか掃除してませんか?シートで拭ける表面だけじゃないですか?
目に見えるところしか掃除しない(できない)のは、最初にお話ししたトイレへのイメージが関係しているんでしょう。
そんな時は、プロの業者さんに一度トイレの大掃除を依頼してみるといいかも知れません。
一度しっかり掃除すれば、しばらくは自分の掃除だけでも清潔感を保つことはできます。
便座はもちろん、タンクや床など、文字通り隅々までキレイにしてくれるので、普段の不足を補えますし、
排水管の高圧洗浄や、専門業者でなければ使えない強力な酸性洗剤で臭いや黄ばみの元である
「尿石」を取り除いたりと、自分の掃除では行き届かないレベルの対策をします。
特に洗剤などは業者用と家庭用では全く違ってくるので、その効果のほどは大きいです。
専用のコーティングを利用して臭いや汚れをつきにくくしきれいなトイレを長持ちさせます。
あまりないとは思いますが、長期間一度もトイレ掃除をしていなかったり、古い物件の備付トイレなどの場合は、
今後の使用も考えて、自分でやる前にトプロにお願いしてみるのも一つです。
これを機会に、ご自宅でも「プロによるトイレの大掃除」を検討してみてはいかがでしょうか?

トプロはトイレ掃除のプロフェッショナル⇒http://e-topro.com/